ペーパーレス会議

サイトマップ

ペーパーレス会議とはどんなことか

会議というのは意外と費用を使うことになります。これは人件費ということもありますが意外と大きいのが紙の費用です。また、資料は少なからず残しておく必要性があるものあり、その保管スペースなどにも費用が嵩むことになります。そうしたことを一気に解決することができるのがペーパーレス会議になります。名前の通り、紙を使うことがなく、会議をすることができるシステムになります。こうすることによって、かなりコストダウンをすることができるようになります。会議の資料はデジタルデータになりますから保管も非常に楽です。ほぼ費用がかからないといっても過言ではないレベルにまで落すことができます。
正確にはデータを残しておく容量を確保する必要がありますから、まったくのノーコストというわけではないのですが、それでも紙でやるよりは遥かに楽であり、コストダウンとなります。但し、タブレットなどを用意する必要がありますし、さすがに色々と考えることもたくさんあります。研修もすることになりますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。誰でも最初から使えるわけではありませんから、研修はすることになりますから、なかなか大変なことになるでしょう。

ペーパーレス会議とはどんなことか

会議というのは意外と費用を使うことになります。これは人件費ということもありますが意外と大きいのが紙の費用です。また、資料は少なからず残しておく必要性があるものあり、その保管スペースなどにも費用が嵩むことになります。そうしたことを一気に解決することができるのがペーパーレス会議になります。名前の通り、紙を使うことがなく、会議をすることができるシステムになります。こうすることによって、かなりコスト…

ペーパーレス会議の実施に至った裏側

私は事務機業界に勤務しています。最近あった商談事例をご紹介します。毎週営業会議を実施している会社様で営業人数が8人(営業部長含む)、週次の売り上げと実績、現在の見込み状況を10ページの紙にまとめてそれを見ながら会議を進行していました。毎週10枚×8人でカラー1枚の単価が17円。会議だけで約1,300円はコストがかかっていました。わざわざ会議資料を保存している人もいないし、必要事項は各々が手帳…

ペーパーレス会議は根性がいる

最近、ペーパーレス会議なるものが流行りだしたようである。かく言う私の勤めていた会社でも5年ほど前、社長の鶴の一声で全社ペーパーレスが導入された。結果は年間5億円のコスト削減。素晴らしい。因みに、売上数千億円規模のIT関連の会社である。IT系なので、その企画が始まる前までにかなりのペーパーレスが行われていた。承認行為は電子承認だし、給与明細はシステム上に表示される。会議室は当然ながら全…

ペーパーレス会議をする企業

ペーパーレス会議をする企業が増えてきています。まず、ペーパーレス会議とは書類等を用いて会議するのではなく会議に出席しているもの全てにパソコンやタブレット等を用いて常に全員が画面で同じ書類を回覧することができ、気になった点はスクリーン等に映し出し皆が自由に画面上で書き込んだり意見交換をしたりその場で編集をしたりと様々なメリットがあります。その場で即、修正や編集が出来るのは時間短縮のメリットに繋…

TOP